医学部予備校の種類とそれぞれの特徴

カリキュラムが特化していて無駄が無い

カリキュラムが特化していて無駄が無い選ぶ時にはきちんと無料体験を活用する情報収集に関しては医学部専門予備校や大手予備校にかなわない

医学部を受験しようと思ったら、予備校通いが必須です。
ただ勉強をすれば良いというわけではなく、様々な情報を集める必要があるからです。
ひたすら勉強をするのも非効率であり、必要なことを効率良く学んでいけるような方法をとらないと途中で挫折してしまうかもしれませんので、色々なノウハウを授けてくれるようなところを利用しましょう。
いくつかのタイプがありますので、それぞれの特徴をよく理解して自分に合ったところを選ぶことも非常に重要です。
全ての教師が医学部受験に精通しているために受験に関する情報を十分に持っていて、どの程度の学力があれば合格できるのかを的確に判断できるのが医学部受験専門学校です。
周りも同じような志を持つ人たちが集まってきますので意識がとても高くて、前向きに学習に臨むことができます。
他の学部は対象にしていませんので、カリキュラムも特化していて無駄がありません。
無駄のないカリキュラムで学習することで効率良く進めることができ、遅れがちになってしまう勉強を取り戻すことも可能です。
難関私立校は話が別ですが、一般的な私立大の場合には何どの高い問題を解く力よりも幅広い問題の解決法を知っている方が有利になりますので、そういったノウハウを知るという意味でもかなりおすすめです。

色々な活動に参加して内申点をとるのも大事なことです。
でも旧帝大や医学部医学科のレベルになると内申点はほぼ関係ないから、そこを目指す人は学力定着を第一に考えましょう。
by駿台予備校講師

— Yooooot勉強垢 (@medi_study_gk) 2018年9月11日

医学部 予備校 : 医歯学部受験専門予備校&医歯学部受験個別指導フェニックスゼミ大阪